『ローゼンメイデン トロイメント』
〜Rozen Maiden traumend〜
(注)traumendのaは本当はウームラウト(文字の上に・・)付きです。
原作:PEACH-PIT「Rozen Maiden」
連載:幻冬舎コミックス刊「月刊コミックバーズ」

オープニング:『聖少女領域』ALI PROJECT
エンディング:『光の螺旋律』kukui

2005,10/20〜2006,01/26 TBS (木)25:55
真紅:沢城みゆき−−『ギャラクシーエンジェル』ミント・ブラマンシュ
          『ローゼンメイデン』真紅
          『デ・ジ・キャラット』プチ・キャラット
          『うたわれるもの』アルルゥ
          『かみちゃまかりん』九条和音
          『ご愁傷さま二ノ宮くん』北条麗華
          『BLUE DROP』千光寺萩乃
          『素敵探偵ラビリンス』日向繭樹
          『さよなら絶望先生』関内・マリア・太郎
          『紅 〜kure-nai〜』紅真九郎
          『しゅごキャラ!』ヨル、×たま
          『CANAAN』カナン
          『テガミバチ』ラグ・シーイング
          『宇宙兄弟』伊東せりか

桜田ジュン:真田アサミ−−『デ・ジ・キャラット』でじこ
             『なるたる』玉依シイナ
             『Rozen Maiden』桜田ジュン
             『魔法少女リリカルなのはA's』ヴィータ
             『さよなら絶望先生』常月まとい
             『紅 〜kure-nai〜』武藤環
             『まりあ†ほりっく』宮前かなこ

桜田のり:力丸乃りこ−−『クロノ・クルセイド』シスタークレア
            『Rozen Maiden』桜田のり
            『瀬戸の花嫁』委員長
            『タユタマ』泉戸ましろ

雛苺:野川さくら−−『あずまんが大王』かおりん
          『D.C.〜ダ・カーポ〜』朝倉音夢
          『ななか6/17』霰玉九里子
          『舞-HiME』宗像詩帆/シホ・ユイット
          『Φなるあぷろーち』益田西守歌,OP歌
          『ローゼンメイデン』雛苺
          『マジカノ』魔宮あゆみ
          『びんちょうタン』クヌギたん
          『RAY THE ANIMETION』春日野零
          『瀬戸の花嫁』江戸前留奈

翠星石:桑谷夏子−−『ローゼンメイデン』翠星石
          『魔法少女リリカルなのは』アルフ
          『ゲットバッカーズ』工藤卑弥呼
          『美鳥の日々』岩崎紅子
          『ぺとぺとさん』赤沢清美
          『マジカノ』魔宮みちる
          『瀬戸の花嫁』巻

蒼星石:森永理科−−『ローゼンメイデン』蒼星石
          『ワンダバスタイル』春野さくら
          『かみちゅ!』三枝祀
          『瀬戸の花嫁』銭形巡
          『みなみけ』マコト/マコちゃん

水銀燈:田中理恵−−『あずまんが大王』よみ(水原暦)
          『ちょびっツ』ちぃ
          『円盤皇女ワるきゅーレ』真田さん
          『花右京メイド隊』マリエル
          『ローゼンメイデン』水銀燈
          『ガンダムSEED,DESTINY』ラクス/ミーア
          『ふたりはプリキュア』九条ひかり
          『働きマン』松方弘子
          『ハヤテのごとく!』マリア

薔薇水晶:後藤沙緒里−−『ギャラクシーエンジェル』烏丸ちとせ
            『ローゼンメイデン』薔薇水晶
            『落語天女おゆい』月島唯
            『スカイガールズ』園宮可憐

金糸雀:志村由美−−『ローゼンメイデン』金糸雀
          『ネギま!?』長谷川千雨

柏葉巴:倉田雅世−−『GAD GUARD』アイコ・マリー・ハーモニー
          『ぴちぴちピッチ』あらら
          『GIRLSブラボー』コヨミ・ハレ・ナナカ
          『こみっくパーティー』御影すばる
          『ガンソードGUN×SWORD』ファサリナ

くんくん探偵、ラプラスの魔:津久井教生−−『Rozen Maiden』探偵くんくん

男子生徒:山本泰輔−−『だぁ!だぁ!だぁ!』光ヶ丘望

女狐:大浦冬華−−『愛してるぜベイベ』元木舞
         『メジャーMAJOR』佐藤寿也(5歳)
         『ふたつのスピカ』おうみ圭
         『怪物王女』ヒロ
         『絶対可憐チルドレン』宿木明

槐:小野大輔−−『AIR』国崎往人、からす/そら
        『涼宮ハルヒの憂鬱』古泉一樹
        『ドラゴノーツ』カミシナ・ジン
        『黒執事』セバスチャン・ミカエリス
        『宇宙戦艦ヤマト2199』古代進
        『黒子のバスケ』緑間真太郎
        『ばらかもん』半田清舟
        『WORKING!!』佐藤潤

白崎:櫻井孝宏−−『プリンセス・チュチュ』ふぁきあ
         『金色のガッシュベル』高嶺清麿
         『魁!クロマティ高校』神山高志
         『今日からマ王!』渋谷有利
         『.hack//Roots』ハセヲ
         『D.Gray-man』神田ユウ
         『BLEACH』吉良イヅル
         『しろくまカフェ』シロクマ
         『化物語』忍野メメ
         『ダイヤのA』御幸一也

山本、オオワシ伯爵:間島淳司−−『モンキーターンV』洞口雄太
                『神無月の巫女』大神ソウマ
                『スカイガールズ』緋月玲
                『こどものじかん』青木大介
                『とらドラ!』高須竜児
                『しゅごキャラ!』二階堂悠

ドロボウキャット:世田壱恵

芝崎元治:西川幾雄−−『紅三四郎』紅三四郎
           『新造人間キャシャーン』キャシャーン
           『YAWARA!』羽衣係長

芝崎マツ:鳳芳野−−『超時空要塞マクロス』モルク・ラプラミス

みっちゃん:川瀬晶子−−『流星戦隊ムスメット』三色葵
            『愛してるぜベイベ』ナッツ

メグ:河原木志穂−−『下級生2』柴門たまき、OP&ED歌
          『ファンタジックチルドレン』ヘルガ、ティナ
          『怪物王女』フランドル
          『School Days』西園寺世界

看護士A:多岐川まり子

看護士B:千葉由美

ネコ警部:巻島直樹−−『LAST EXILE』コスタビ
           『Rozen Maiden』ネコ警部

ガールキャット:本多陽子−−『うた∽かた、詩片』橘一夏
              『今日の5の2』日高メグミ

新作『ローゼンメイデン トロイメント』は、内容は前作のそのまま続編で、画質も素晴
らしく、何よりもみんな勢揃いなのは嬉しい限りでした。
特にMINのお気に入りの翠星石も、以前にも増して意地悪になってるし。(^_^;
薔薇水晶は今のところ水銀燈とよく似た存在感ですが、7人目最後のローゼンメイデン
の登場・アリスゲームの最終章と言う事で新しい展開が楽しみです。
                                  2005,11/4

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今回の新作は全体的に原作を知っている人を対象にしてたみたいですね。
残念ながらMINは原作を知らなくて、いろんな所が不明だったんだけど友人からチョッ
ト聞いた所によると「薔薇水晶」には本物がいて「色がもっと白い・眼帯が逆」って設定
だそうです。
と言う事で最終回の最後の最後に一瞬出てきたあの「逆眼帯」な薔薇水晶が本物らしく、
て事は・・・、
・本当の「アリスゲーム」はまだ始まってなかった。
・もう二人いなくなっちゃったから、本当のアリスゲームはもうできなくなった。
ってことなのかな?

それと「槐」は『師匠を超えた』なんて言ってたけど、薔薇水晶の偽物を作っていた段階
で既にそれを言う権利は無かったんじゃないかな?

全編を通して作画も声優も素晴らしかったです。シナリオも脚本も良かった。
でも上記の様な「槐と薔薇水晶は実はニセモノ」「本当のアリスゲームじゃなかった」っ
て事が判明した時点で物語そのもののに対する思い入れがチョット下がっちゃいました。

それでMINは見ていて、真紅が目覚めた時目の前にいた男性が「数年後のジュンくんだ
といいな。」と思いました。
引き籠もりだったジュンくんがその後頑張って人形師として成長してみんなを復活させて
くれてたら・・・、と思ったんですよ。(実際は違ってましたが。)
と言うのも、ミーディアムになるって命を奪いかねない程の生命力が必要なはずなのに
ジュンくんたら「真紅・翠星石・雛苺」の三人に力を与え続けて平気なんて・・・
もしかして本当にジュンくんはドール達にとって特別な存在なんじゃないか?って思って
た所に「ネジを巻いただけの少年」って何度も言われてたから(これは絶対ジュンくんこ
のまま終われない)って思ってたもんで。

最終的には蒼星石と雛苺が復活出来なかったのは寂しかったし、最後に出てきたローゼン
と本物の薔薇水晶も気になります。
てな事で、是非更なる続編の製作を作ってみんなを幸せにして欲しいなぁ、と思います。


〜あとついでに。〜
今までそれぞれのドールが特別な力を持って戦って来ました。
今回出てきた「金糸雀」もバイオリンの力で、桜田家襲撃の時にはかなり強かったし、ミ
ーディアムを得た翠星石も水銀燈と互角に戦ってたし・・・、
場面場面で強い時と弱い時のギャップが気にはなったものの、それぞれの力は結構強力で
したよね。(最弱と見られていた雛苺や金糸雀も出てきてすぐの時は強かった。)
そこでじゃぁみんなが「強い」と言ってる真紅なら薔薇の花弁の力を全力で使えば凄い事
になるんじゃないか?と思ってその時が来るのを楽しみにしてました。
でもな〜んか最終決戦の時でもその力は大した事なくて、攻撃はもっぱらステッキでの殴
打。しかも本気で薔薇水晶を倒しに掛かった瞬間そのステッキすら捨てて体一つで殴りに
行ってアッと言う間に薔薇水晶を組み伏せちゃうし・・・。
そう言えば金糸雀の時も素手でビンタしてたし、前作の水銀灯も素手で倒してたよなぁ。
しかも真紅に組み伏せられるとどんな相手でも身動き出来なくなってたし。
・・・もしかして真紅の真の力っで「格闘体術そのもの」なんじゃないだろうか?
そう思うと“小太刀による完璧な防御&体術による攻撃”で最強だった「るろうに剣心」
の四乃森蒼紫を思い出しちゃいました。
                                    2006,2/3

小屋の入口へ
inserted by FC2 system