『ファンタジックチルドレン』
原作、キャラクターデザイン、監督:なかむらたかし
連載:メディアファクトリー刊「コミックフラッパー」

オープニング:「Voyage」いのり
エンディング:「水のまどろみ」ORIGA
       「水のまどろみ(Russian Version」ORIGA
       「Voyage(Full Version)」

挿 入 歌 :「Voyage…めぐる時の中で(instrumental)」
       「Voyage…めぐる時の中で」
       「Voyage(Strings Version)」
       「Voyage(Cello Only)」

2004,10/4〜2005,3/28 TV東京 (月)25:00
ヘルガ、ティナ:河原木志穂−−『下級生2』柴門たまき、OP&ED歌
               『ファンタジックチルドレン』ヘルガ、ティナ
               『怪物王女』フランドル
               『School Days』西園寺世界

デュマ、職員C、デミアン:花輪英司−−『ファンタジックチルドレン』デュマ
                   『獣の奏者 エリン』シュナン

トーマ:皆川純子−−『成恵の世界』七瀬香奈花
          『テニスの王子様』越前リョーマ
          『神魂合体ゴーダンナー』猿渡忍
          『クロノ・クルセイド』ヨシュア
          『ファンタジックチルドレン』トーマ
          『無人惑星サヴァイヴ』シンゴ
          『ネギま!?』雪広あやか
          『コードギアス』コーネリア

チット、女中:小林希唯−−『ファンタジックチルドレン』チット

とうちゃん、委員C、ウーデ:大川透−−『鋼の錬金術師』ロイ・マスタング
                   『神魂合体ゴーダンナー』剣
                   『ガンダムSEED,DESTINY』ウズミ・ナラ・アスハ
                   『今日からマ王!』ヒスクライフ
                   『SOUL EATER』デスサイズ
                   『Tears to Tiara』アロウン

かあちゃん、ゲルタ、弟
   :甲斐田ゆき−−『HUNTER×HUNTER』クラピカ
           『花右京メイド隊』花右京太郎
           『ファンタジックチルドレン』かあちゃん、ゲルタ
           『ふたつのスピカ』鈴木秋
           『少年陰陽師』安倍昌浩

アギ:浦田優−−『ファンタジックチルドレン』アギ

ソレト、女の子、バロン:高口幸子−−『ファンタジックチルドレン』ソレト
                  『ヤマトナデシコ七変化』中原スナコ

ヒースマ、職員B:原沢勝広−−『忘却の旋律』アルコトナイコト
               『ファンタジックチルドレン』ヒースマ

ハスモダイ:松本さち−−『プリンセス・チュチュ』ぴけ
            『ガンダムSEED』アサギ・コードウェル
            『ファンタジックチルドレン』ハスモダイ

タルラント:矢口アサミ−−『ファンタジックチルドレン』タルラント

メル、10才のゲルタ
   :坂本真綾−−『Kanon』天野美汐
          『天空のエスカフローネ』神崎ひとみ
          『ラーゼフォン』美嶋玲香
          『ファンタジックチルドレン』メル
          『桜蘭高校ホスト部』藤岡ハルヒ
          『貧乏姉妹物語』山田きょう
          『トップをねらえ2!』ラルク
          『SOUL EATER』クロナ
          『黒執事』シエル・ファントムハイヴ
          『異次元の世界エルハザード』クァウール・タウラス
          『ガンダムSEED DESTINY』ルナ・マリア・ホーク
          『荒川アンダーザブリッジ』ニノ

ラドクリフ:松山鷹志−−『ハングリーハート』村上監督
            『PEACE MAKER 鐵』斎藤一
            『デ・ジ・キャラットにょ』熊谷金太郎
            『修羅の刻』宮本武蔵
            『ゾイド・ジェネシス』ラ・カン
            『月詠』キンケル

職員A、ボブ、フローの父、委員D、研究員@、貴族A、兵士
   :野島裕史−−『美鳥の日々』宮原オサム
          『ヤマトナデシコ七変化』森井蘭丸
          『ななついろ★ドロップス』石蕗正晴
          『とらドラ!』北村祐作

コンラート、子供B、母親
   :進藤尚美−−『釣りバカ日誌』ハゼタロウ
          『宇宙のステルヴィア』レイラ・バルト
          『ガンダムSEED,DESTINY』カガリ・ユラ・アスハ
          『ファンタジックチルドレン』コンラート
          『舞-HiME』藤乃静留/シズル・ヴィオーラ

コンラートの母、コール、母親、レダ
   :浅野まゆみ−−『ストラトス4』御厨アリス
           『朝霧の巫女』浜路瑞穂
           『ぴちぴちピッチ』洞院リナ
           『LAST EXILE』クラウス・ヴァルカ
           『交響詩篇エウレカセブン』ヒルダ

クロード、ベル、子供A:天神有海−−『おジャ魔女どれみ』芝山みさき
                  『ファンタジックチルドレン』ベル
                  『まほらば』黒崎朝美

院長:平田広明−−『ONE PIECE』サンジ
         『DearS』ザキ
         『最遊記〜RELOAD〜』沙悟浄
         『BLACK LAGOON』ベニー
         『TIGER&BUNNY』ワイルドタイガー
         『宇宙兄弟』南波六太

クックス:辻親八−−『絢爛舞踏祭』ナイアル・ポー
          『ファンタジックチルドレン』クックス

シノン:安達まり−−『Yes! プリキュア5』ババロア女王

職員D、部下A、セス:後藤哲−−『ファンタジックチルドレン』セス

アリス:住友優子−−『FIRE STORM』ローラ
          『はっぴぃセブン』宗方みく

キルヒナー:成田剣−−『ワンダバスタイル』イチリン
           『犬夜叉』殺生丸
           『住めば都のコスモス荘』ピエール
           『ゴーストハント』リン
           『史上最強の弟子ケンイチ』オーディーン

シベール:木村亜希子−−『ゲットバッカーズ』弥勒冬彦
            『HAPPY☆LESSON ADVANCE』二ノ舞きさらぎ
            『ふたつのスピカ』宇喜多万里香

キルヒナーの叔父、委員B、委員
   :乃村健次−−『PEACE MAKER 鐵』原田佐之助
          『ハングリーハート』釜田豪三
          『げんしけん』久我山光紀
          『ジパング』角松洋吉
          『リストランテ・パラディーゾ』ロレンツォ
          『戦場のヴァルキュリア』ラルゴ・ポッテル
          『クロスゲーム』赤石修

委員A:うすいたかやす−−『まなびストレート!』下嶋先生

委員B:宇垣秀成−−『エリア88』津雲善三
          『カレイドスター』苗木野力

研究員A、職員:石塚堅−−『ハングリーハート』ロドリゴ

研究員B、船乗り、ゴトー:上別府仁資−−『ふたりはプリキュア』サーキュラス
                    『月は東に日は西に』渋垣源三

ゲオルカ:小村哲生−−『おじゃる丸』エンマ大王
           『火の鳥』猿田博士、猿田彦
           『アイシールド21』庄司軍平

ジム:加藤将之−−『Starship Operators』桐生タカイ
         『ヒロイック・エイジ』カルキノス
         『宇宙兄弟』真壁ケンジ

ソラン、青年:羽多野渉−−『ゆめりあ』三栗智和
             『ファンタジックチルドレン』ソラン
             『乃木坂春香の秘密』綾瀬裕人
             『あかね色に染まる坂』長瀬準一
             『パパのいうことを聞きなさい!』瀬川祐太

パルザ:鈴木千尋−−『デ・ジ・キャラット』カイ・シュバイツアー
          『エルフェンリート』コウタ
          『Pumpkin Scissors』マーチス准尉
          『すもももももも』半蔵
          『ヒロイック・エイジ』メヒタカ・ポレ

タイタス:大木民夫−−『トップをねらえ!』タシロ艦長
           『交響詩篇エウレカセブン』ケンゴー
           『牙−KIBA』ジーコ

医師:上田陽司−−『エレメンタルジェレイド』クルス補佐官
         『格闘美神 武龍』花田社長

今までは神秘的な雰囲気の作風が好きだったんですが、遂にヘルガの過去が明らかに
なってその雰囲気がだいぶ薄まった感があります。
その分今度はダイレクトな問題解決に以降していくんだろうと思います。

それとこの作品のOP、MINのお気に入りだったりしてます。
                                2005,2月23日

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

元々MINの評価は凄く高かった本作品ですが、最終回はなんだかとっても感動しまし
た。
で、何をそんなに?って自分で思ったんだけど・・・蕩々と流れる音楽にやられたのが
半分、あと半分はやっぱ作品全体を通した達成感みたいな物かな?
あと、数年後ヘルガが成長した所に・・・て展開も幸福感を増してくれましたし、全編
を通して音楽がとにかく良かった。
(五月連休にOP&ED両方ともterryの前でカラオケ歌っちゃいましたよ。(^_^)ゞ)

なんかこう書くと『LAST EXILE』を思い出します。あの作品も最終回はこういった穏や
かな満足感・幸福感をじっくり味わせてくれましたもんね。
絵的には確かに「今っぽく」はないのですがそれがこの作品の味に合ってて、内容・雰
囲気・音楽共にとても素晴らしい出来なので、MINのお勧めの一本です。
                                 2005,5月14日

小屋の入口へ
inserted by FC2 system