『愛してるぜベイベ★★』
原作:槙ようこ
連載:集英社「りぼん」

オープニング:「sunny side up」一青窈
エンディング:「年年歳歳」一青窈

2004,11/4〜2005,6/21 TVK (木)18:30、後半(火)20:00
坂下ゆずゆ:黒葛原未有−−『愛してるぜベイベ』坂下ゆずゆ

片倉結平:藤田大助−−『愛してるぜベイベ』片倉結平

片倉鈴子:遠藤久美子−−『愛してるぜベイベ』片倉鈴子
            『メジャーMAJOR』川瀬涼子

片倉皐:鈴木真仁−−『赤ずきんチャチャ』チャチャ
          『こちら葛飾区亀有公園前派出所』乙姫奈々
          『修羅の刻』陸奥圓
          『愛してるぜベイベ』片倉皐
          『魔法先生ネギま!』ネカネ・スプリングフィールド
          『スレイヤーズ REVOLUTION』アメリア

片倉三沙子:尾小平志津香−−『テニスの王子様』竜崎スミレ
              『愛してるぜベイベ』片倉三沙子

片倉栄一、結平の担任:木内秀信−−『MONSTER』Drテンマ
                 『NANA』本城蓮
                 『Darker than BLACK』黒(ヘイ)
                 『GUNSLINGER GIRL』ジョゼ

徳永心:原史奈−−『愛してるぜベイベ』徳永心

元木舞、エツコ先生:大浦冬華−−『愛してるぜベイベ』元木舞
                『メジャーMAJOR』佐藤寿也(5歳)
                『ふたつのスピカ』おうみ圭
                『怪物王女』ヒロ
                『絶対可憐チルドレン』宿木明


加々美亜希、笹野キヨ子:齊藤真紀−−『遊戯王』真崎杏子

田端芯、ゆずゆのパパ:植木誠−−『ホイッスル!』若菜結人

ナッツ、女子生徒、ミキの級友、心の母:川瀬晶子−−『流星戦隊ムスメット』三色葵
                         『愛してるぜベイベ』ナッツ

中里利恵先生:古山あゆみ−−『愛してるぜベイベ』中里利恵先生

イツミ先生、女の子、健くんのママ、心の継母、おばさん、母親、主婦、
ミキの級友、店員:榎本充希子

健くん:本城雄太郎−−『愛してるぜベイベ』健くん
           『エレメントハンター』レン

坂下都:平野智恵−−『愛してるぜベイベ』坂下都

くみ:みきもと栞

恩田恭子:野口聖古−−『愛してるぜベイベ』恩田恭子

まりかちゃん:八武崎碧−−『おねがい♪マイメロディ』夢野琴
             『愛してるぜベイベ』まりかちゃん
             『紅 〜kure-nai〜』九鳳院紫

あやちゃん:吉田考見

みなちゃん:鈴木絢子

まりかの母:高瀬郁子−−こち亀で声優出演多数

まりかの父、店主、男子生徒、校長先生、ミキの担任:川島章吾

コンビニ店員、店主、心の父、男子生徒、男B、森くん:大沢初命

園児:堤由莉奈

加奈:中川里江−−『GUNSLINGER GIRL』フェッロ
         『タユタマ』鵺

土屋和博、男A:鈴木達央−−『タイドライン・ブルー』ED歌
              『SoltyRei』アンディ
              『図書館戦争』手塚光
              『そらのおとしもの』守形英四郎
              『七つの大罪』バン

ばあちゃん、主婦:長浜満里子−−『愛してるぜベイベ』ばあちゃん
                『ホイッスル!』外山一平

園長先生:赤土’眞弓−−『赤ずきんチャチャ』やっこちゃん
            『愛してるぜベイベ』園長先生

女子生徒:菊池心(菊池こころ)
    :菊池こころ−−『ふたりはプリキュア』パッション
            『銀河へキックオフ!!』青砥ゴンザレス琢馬

女子生徒:桂由利香

梨谷翔太:宮里駿−−『愛してるぜベイベ』梨谷翔太

翔太の母:土井美加−−『エアマスター』崎山香織
           『超時空要塞マクロス』早瀬未沙
           『聖戦士ダンバイン』マーベル・フローズン
           『セーラームーン』クィーンセレニティ
           『魔法の天使クリィミーマミ』森沢なつめ
           『魔法のプリンセスミンキーモモ』ママ
           『るろうに剣心』高荷恵
           『蟲師〜むしし〜』声

翔太の父:西村仁−−『おねがい♪マイメロディ』セバスチャン

翔太の担任:中川玲

男の子:金田晶代

医者:蓮岳大

女子生徒:田所ちさ

女子生徒:茂木智子

坂下ミキ:伊藤実華−−『愛してるぜベイベ』坂下ミキ

ミキの父:永野善一−−『テニスの王子様』東方雅美
           『ハングリーハート』佐古俊也

ミキの母:中尾友紀−−『遊戯王』ブラックマジシャンガール

蒲田くん:浪川大輔−−『住めば都のコスモス荘』桜咲鈴雄
           『BECK』コユキ(田中幸雄)
           『ツバサ・クロニクル』ファイ
           『BLACK LAGOON』ロック
           『彩雲国物語』杜影月
           『黒神』伊吹慶太
           『君に届け』風早翔太
           『アルスラーン戦記』ナルサス

なみこちゃん:長谷川静香−−『朝霧の巫女』稗田珠
              『双恋』雛菊るる
              『ながされて藍蘭島』ゆきの
この作品は友人から『アニマックス』で放映してたのをDVDで見せて貰い
ました。

この作品は父親を亡くし母親も蒸発してしまった5才の娘(ゆずゆ)が親戚
の家族と暮らし始めるって設定から、ゆずゆと彼女の面倒をみる高校生の男
の子の話なんだけど、ちょっとこの作品・・・・・。
正直絵は下手だし、声優陣もかなりマイナーと言うかお世辞にも一流とは言
えない人達ぞろい。
第一話の終わり寸前まで(どうでもいいや)状態でした。

がっ! 第一話の最後で急転直下の大事件が。
ゆずゆが『おかあさんの作ったおにぎりが食べたい。』って泣いたところで
来たちゃいました!!
ゆずゆの声の黒葛原未有ちゃんは9才だけあって、その声がもう本当にゆず
ゆの肉声って感じでもう・・・・・・・。(T_T)

うわぁぁぁ!!!
 俺はこう言う話に無茶苦茶弱いんだぁ!!

その後の話でも、寂しさを堪えるゆずゆやそれを支えようとする結平に琴線
触れっぱなし。(^^;

ゆずゆの声に相まって、彼女の言葉の足りなさから心の傷の深さを感じてし
まったり、
結平のゆずゆを大切に思いながらも完璧にフォローし切れない態度や言葉に、
返って高校生の未熟さとゆずゆへの一生懸命さに切なくなって来てしまう始
末。
う〜〜〜ん、やっぱオイラにゃこういった話は劇薬だなぁ、なんてつくづく
思ったりしてまふ。

でもそんな作品だから「りぼん」の読者層よりもっと大人の方向きのテーマ
じゃないか?とか、「りぼん」の読者と何処が共感するのかな?と思ったり
して。m(_ _)m

                              2004年8月

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

TVKが地上波でも放送を開始してくれましたので、2クール目は地上波で
見始めました。
でも2クール目に入って作品の視点がチョットゆずゆからそれてきて、個人
的にはチト寂しいかも。
話は都の登場や心との復縁(?)と、ちょっとどろどろした展開に入りそうな気
がしてるんだけど大丈夫かな?
                             2005,2月23日

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

どうも最近翔太くんやミキちゃんの方に話が行ってゆずゆはまるでカレーの
福神漬け状態。まりかちゃんに至っては殆ど出番なし。
の割に作品のクオリティは二級の下状態のままだから、最近チョット見るの
が辛くなってきてまふ。(今が耐え時か?(^_^)ゞ)

あと、まりかちゃん役の八武崎碧ちゃん、最近『おねがい♪マイメロディ』
の夢野琴役としてレギュラー獲りましたね。  小さいのに大変だなぁ。
                             2005,5月22日

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

最終回になって遂に都叔母さん(ゆずゆのお母さん)に鈴子お姉さまが直撃面接。
でも、かと言って急にお母さんの病的な迄の弱さが治る筈もなく、結局は「私が
ずっと泣かずに居られたら迎えに行く」とか。
・・・正直、それでいいのかぁ? お姉さまが言ってた様に「その間にゆずゆち
ゃんはどんどん大きくなって行っちゃうのに。」
とまぁそこで「じゃぁゆずゆを今すぐ引き取ります。」なんて言われても信用出
来ないけどね。

本作、ゆずゆちゃんアニメとしてはそこまでのお話だったんだけど、そんな最終
回を見てこれ迄はうざったく思ってた心ちんの家庭や翔太くんやミキちゃんのお
話も「全編を通して“家族・親子”をテーマにしてたんだなぁ。」と遅蒔きなが
ら気づきました。
いや、こう言うテーマって主人公の家庭に色んな変化が有って話が進んで行くの
が普通だと思うんですけど、主人公の家庭に一切の変化が無く、そこに殆ど触れ
られず他の家庭の出来事を見るのは正直チョット思い入れがし難かったです。
                              2005年7月4日

小屋の入口へ
inserted by FC2 system